お知らせ 「ESET INTERNET SECURITY」利用環境下での 不具合修正のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jul

21

Scrum Fest Osaka2021動画試聴会(第二回)

Scrum Fest Osaka2021動画試聴会

Organizing : アジャイル広島

Registration info

参加枠

Free

FCFS
1/10

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

本イベントはオンライン開催のイベントです!

  • 参加方法は参加者宛にイベント前日・イベント開催直前に送付します。

Scrum Fest Osaka2021の動画を試聴会を行います!

今回は6月25〜26日に開催されたScrum Fest Osaka2021の公開されている動画の中から見たいセッションを試聴会を行います。 Scrum Fest Osaka2021に参加した人と一緒に視聴する形式であれば参加していない方でもセッション動画を試聴できるとのことですので、是非ご興味のある方はご参加してください。

今回のセッション動画

「プロダクトオーナーマニアックス! POとSMの原点の原点をさかのぼって学ぶ初代主査 中村健也の働き方」

https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2021/proposal/15383

チーフエンジニアというプロダクトオーナーとスクラムマスターの原点 スクラムではプロダクトオーナーという役割が用意されています。この役割はどのように作られたのでしょう。ジェフ・サザーランドが書いた『スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術』では次のように解説しています。

プロダクトオーナーという役割は、トヨタのチーフエンジニアから発想を得たものだ。

続いて、スクラムマスターの着想もチーフエンジニアからだったことが解説されます。

チーフエンジニアはただこうしろと指示を出せばいいのではない。メンバーを納得させ、うまくその気にさせて、自分が提案するやり方が正しくベストなやり方だということを示さなければならない。普通ならその道で三十年くらいの経験がなければ務まらない役割だ。そこでこの役割を二つに分け、仕事の進め方をスクラムマスターが、仕事の内容をプロダクトオーナーが管理する分担制にした。

もちろんチーフエンジニア以外からも参考にされたものはたくさんあるでしょうが、POとSMというアイデアに大きな影響を与えたようです。

■機能しないチーフエンジニア しかし、チーフエンジニア制度と半世紀近く携わり、自らもセリカ、カリーナ、スープラのチーフエンジニアであった和田明広は次のように述べています。『和田明広オーラル・ヒストリー』 から引用してみましょう。

トヨタのチーフエンジニア制度について様々な企業から相談が持ち込まれますが、うまく機能しないことを述べています。※文中の主査は、チーフエンジニアの前の名称。

和田 チーフエンジニアという制度はあるのですが、トヨタみたいな機能はしないのです。マーケットを見ていますけれども、新しい車をクリエイトするというようなことがなかなかできないのです。  尾高 日本の中ではどうですか。  和田 同じです。

また現在のトヨタにおいてもチーフエンジニア制度は、機能しているか疑わしいと述べています。

和田 よそのチーフエンジニアですか。でも、いまはトヨタのチーフエンジニアもそうですからね。いまはそんなに能力のある人間はいません。そんな2年や3年ちょこちょこっとやったぐらいで十分な能力ができるわけないですよ。我々だってどのくらい失敗したかわからないわけです。10年から実質的には何十年やっていますけれども、どれくらい失敗したかわかりません。

■トヨタのチーフエンジニア制度が生まれる過程 ジェフ・サザーランドがスクラムを構築する過程にチーフエンジニア制度があったように、トヨタのチーフエンジニア制度においても過程がありました。その中で和田明広は中村健也という人物に焦点を当てています。

松島 トヨタの場合は、なぜ他社とは異なる主査制度が生まれてきたたのでしょうか。  和田 それは前回申し上げたかもしれませんが、中村健也さんが素晴らしい実績を残されて、会社内全体が、主査のいうことは社長の言うことだ、そういうムードになったのだと思います。

尾高 外国から主査の役割についていろいろ聞いてきたとおっしゃいましたね。その結果、外国で何か起きたのでしょうか。  和田 起きないと思います。どうしてトヨタでは主査というのがうまく機能するのか、ということですから。それはどうしてかと私に聞かれれば、それは中村健也さんから始まって全社的な組織とは違ったパーセプションを得られて、それでうまく動いているのだと説明するしかないのですけれども(略)

※和田明広 日本初の乗用車である初代クラウンや、初代カローラのボディ設計を担当し、トヨタで大主査と呼ばれるようになった中村健也や長谷川龍雄と共に開発をした。その後、自身もセリカ、カリーナ、カリーナED、スープラの主査(チーフエンジニアの前の名称)、またプリウスのプロジェクト責任者を担当。トヨタ副社長、アイシン精機会長、日本機械学会会長を歴任。

トヨタ自動車株式会社名誉会長である豊田章一郎は『未来を信じ一歩ずつ : 私の履歴書』の中で、節をまるまる用いて中村健也を取りあげています。

その後、1962年(昭和37年)はにモデルチェンジした2代目クラウンには、より剛性の高い「Xフレーム」を採用した。  このときも、私は、技術部で中村さんと一緒に仕事をした。フレームをできるだけ薄くし、車高を低くすることを目指したが、X型フレームに対しては社内の反対も多く、まさに冒険そのものたった。  テストコースの悪路耐久試験ではフレームに亀裂が生じたが、中村さんは決して諦めなかった。私は、「これが失敗したら2人で一緒に会社を辞めましょう」と言って中村さんを励ました。いつも不退転の決意で臨む中村さんも同じ思いだった。

中村さんの主査としてのやり方が骨格となり、今日のトヨタのCE制度がだんだんと築き上げられ、それがトヨタの特徴となり財産にもなった。  初代クラウンとともに主査中村健也は、いつまでも私の心に残る技術者だ。いかに情熱を持って仕事に取り組むか。そのような精神の持ち方を訓練すれば、私のような若い技術者でも大いに活躍できると思った。

※CE制度とはチーフエンジニア制度のこと

いったい中村健也とは何者なのでしょうか。どのような仕事や仕事の仕方をしてきたのでしょうか。

■このセッションでは何をするか、何が得られるか スクラムのPOとSMはジェフ・サザーランドによればトヨタのチーフエンジニア制度から着想を得ましたが、和田明広によればチーフエンジニア制度は他社では積極的に導入を試みるもうまく機能しておらず、まして現在のトヨタでも機能しているか疑わしいと厳しい評価をしています。

このセッションでは、私たちがプロダクトオーナーという役割をより効果的に果たしていくために「そもそもチーフエンジニア(主査)とはなんだったのか」を「中村健也」という人物を中心に、POとSMの原点(チーフエンジニア制度)の原点(中村健也)を70年ほどさかのぼり、プロダクトオーナーが効果的に力を発揮するための知恵を探ります。

注意事項

  • 入退場自由です
  • 飲食はお好きなものをご準備の上、お好きにして下さい
  • 運営の都合等でタイムスケジュールや内容が変更される可能性があります
  • オープンなオンラインツールを利用してのイベントになりますので、機密情報の取り扱いにはお気をつけ下さい
  • 音声チャット(ZOOM予定)を利用するので事前に設定をお願いします

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

14suke

14suke published Scrum Fest Osaka2021動画試聴会(第二回).

07/21/2021 15:48

Scrum Fest Osaka2021動画試聴会(第二回) を公開しました!

Group

アジャイル広島

すくすくスクラム(http://sukusuku-scrum.org/ )の広島支部です。

Number of events 8

Members 58

Ended

2021/07/21(Wed)

20:00
21:00

Registration Period
2021/07/21(Wed) 15:37 〜
21:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(1)

YasunariTanaka

YasunariTanaka

Scrum Fest Osaka2021動画試聴会(第二回) に参加を申し込みました!

Attendees (1)